検定

検定

帰無仮説とは

統計的検定を行うとき、まず立てる仮説のことを、帰無仮説といいます。 あるできごとが偶然に起きたか、それとも起こる原因があって起きたものなのかを判定するのが、検定です。 検定をするときには、まず立てる帰無仮説は、最初から捨て去り...
検定

対立仮説とは

対立仮説とは、仮説検定で帰無仮説を棄却したときに採択される仮説のことです。 仮説を立てて、それを捨て去ることで、あるできごとが偶然に起きたのでなく、起こる原因があって起こったと判定するのが、検定です。 検定をするときには、まず立てる仮説...
検定

対応のあるデータと対応のないデータ

2つの母集団に関する検定をするときなどは、 対応のあるデータなのか、対応のないデータなのか、どちらなのかによって、検定の方法が変わってきます。 この記事では、その違いについて書きました。 対応のあるデータ 測定対象...
検定

符号検定の計算のやり方

符号検定とは、勝ちと負け、表と裏といった2つの相反する性質のものが、50%の割合であるかどうか、あるいは、そうではなく違いがあるかどうかを判定する検定です。 2つの相反するものに、+記号と、-記号をつけて、その数から判定をしてきます...
検定

符号検定表 有意水準1%、5%

符号検定表です。 n有意水準α=1%有意水準α=5%100111011212131214121523162317241834193420352145224523462456255726672767286829783079317932...
検定

基本的な検定の種類と使い分け方法をまとめてみた

基本的な検定の種類、使い方についてまとめてみました。まず目次を見ていただいて、その後、内容を見ていただいて、全体像をつかんでいただければと思います。 母集団の平均の検定 σ2が既知のとき 母分散 σ2 が既知のときには、...
検定

有意水準5%?1%?その決め方

有意水準とは、仮説検定をするときに、仮説を棄却するかどうかを判断するための基準です。 設定した仮説が正しいとするその上で、観測データがあって、偶然にそれが集まる確率を計算するその確率が、有意水準よりも小さければ、仮説を捨て去る ...
検定

p値と有意水準の違い

仮説検定をするときに出てくるp値と有意水準について、ややこしいと思われる方がいるかと思います。私は、ややこしいな、と私は思ってしまいます。 この記事ではp値と有意水準の違いについて書きました。 p値とは 実際に得られたデ...
検定

p値が小さいほど、2つの平均の差は大きくなるのか

2つの母集団の差を検定するときのことを考えてみます。このとき、p値が小さければ小さいほど、母集団の平均値の差が大きいと言えるのでしょうか。 場合によっては、そうなることもありますが、p値が小さければ、平均値の差が大きくなるとは言うべ...
検定

「統計学的に有意である」「有意差」の意味

統計学の仮説検定で言われる「統計学的に有意である」とは、どういった意味でしょうか。 仮説検定とは、あるできごとが偶然に起きたのか、偶然ではなくて起こるべくして起きたのかを判定するものですね。 「仮説」と「実際に得られたデータの...
検定

パラメトリックとノンパラメトリックの違い

標本から得られる値は、母集団分布に従ったばらつきを持っています。母集団から標本を抜き取っているわけですから、母集団がどんな分布なのかによって、標本も変わってくるのは当然ですよね。 このとき、母集団分布の事前の仮定を2パターンに分ける...
検定

仮説検定では、なぜまわりくどく、わかりにくい説明をするのか

検定とは、仮説が成り立つのかどうか確率を用いて、偶然に起きたことなのか、それとも起こるべくして起きたことなのか、判定を下す行為です。 参考記事 検定とは何をするのか。意味、やり方、有意差、棄却、帰無仮説などを説明 検定では、ま...
検定

あわて者の誤り・ぼんやり者の誤り(第一種の誤り・第二種の誤り)

ものごとを判断するときには、2つの誤りがあります。「あわて者の誤り」、「ぼんやり者の誤り」です。 「あわて者の誤り 」とは、 本当は何も変わっていないのに、変化の兆候が少し見られただけで、あわてて変わったと判断してしまうこと「ぼんや...
検定

両側検定と片側検定の違い

検定には、棄却域を分布の両側に設定する検定と、片側だけに設定する検定があります。前者が両側検定で、後者が片側検定と呼ばれます。 両側検定 母平均の検定を行うときのことを考えて説明します。母平均がμ0であると設定したときに、両側...
検定

推定と検定の違い、あるいは関係性

統計学の区間推定と仮説検定は類似した点を持っています。 母集団から標本を抜きとり、求めた統計量を利用する点は、双方に共通しています。推定では、標本平均、標本標準偏差を用います。検定でも、標本平均、標本標準偏差を用います。 区間...
検定

基準化の意味と基準化変量の求め方(標準化ともいう)

正規分布は平均値と標準偏差で決まると書きました。 正規分布に含まれるデータxがある値以下になる確率、データx1からx2までの確率など、データがある範囲に入る確率を算出することができます。 参考記事 正規分布の形など特徴や性質 ...
検定

日常的に行う判断から検定について理解してみよう

検定の考え方は、最初のうちはわかりづらく感じるかもしれませんが、実は、私たちは普段の生活でもこの考え方を使っています。 職場への出社時間が遅れている二人を心配すべきかどうか、検定の考え方を説明します。 きっちり時間を守る人、時...
検定

検定とは何をするのか。意味、やり方、有意差、棄却、帰無仮説などを説明

検定とは、発生したことが意味があって起こるべくして起こったのか、それとも偶然に起こったのかを判定する行為です。 検定の考え方、やり方についてまた、検定のときにつかう言葉についてを合わせて説明します。 検定とは 検定とは、...
検定

偏差値の意味と計算方法がわかる!標準偏差との関係も説明

大学の受験勉強をするときには、誰もが気にする偏差値。この偏差値も統計学的な計算によって出されます。 偏差値とはどのようなものなのか、偏差値はどのように計算するのかを書きました。 まず最初に基準化変量について、次に偏差値について...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました