「統計学的に有意である」の意味

統計学の検定で言われる「統計学的に有意である」とは、どういった意味でしょうか。

よく起こる現象、偶然では起こらないようなことにめったに起こらない現象がありますよね。

偶然では起こらないということは、なんらんかの要因が働いていて、起こるべくして起こった、ということになります。有意なのかどうかということは、仮説検定の結果によってです。

仮説検定とは、そのできごとが偶然に起きたのか、偶然ではなくて起こるべくして起きたのかを判定するものであって、後者の、偶然ではなくて起こるべくして起きたと判定されたのでれば、そのできごとには有意であると言うことができます。

たとえば、畑で作物を育てていて、

  • 半分は従来どおりの肥料を与えた
  • もう半分には新しい肥料を与えた

としましょう。結果、新しい肥料を与えた作物の収量が増えたとします。この結果が、偶然に起こったことなのか、肥料の効果があって起こったことなのか判断するために行うのが、検定となります。偶然ではない、起こるべくして起きたという検定の結果が得られれば、新しい肥料を与えて作物の収穫量は“有意”に増えたということができます。

また、従来の肥料での収量と、新しい肥料での収量には有意な差がある、と言うこともできますね。

有意差とは、偶然に起きたことなどではなく、意味のある差ということです。肥料の効果があって、収量に差が出たと考えられるわけです。

この検定結果で、偶然に起きただけだと判断されたのであれば、“統計的に有意でない”と言うことになります。

参照:検定とはどういう行為なのか。考え方と検定の流れ