エクセルで範囲(レンジ)を求める方法




エクセルで、データの範囲(レンジ)を求める方法を紹介します。

範囲(レンジ)とは

範囲とは、その言葉通り、データの範囲を示し、データの最も大きな値である最大値と、最も小さい値である最小値の差のことです。範囲はレンジともいいます

ばらつきの程度を簡単に知ることができる、単純な尺度です。

参考:統計学で使う範囲(レンジ)の意味と求め方

エクセルの関数を使った範囲(レンジ)の計算方法

範囲は、最大値から、最小値を引いた数値です。

「最大値を求めるエクセルのMAX 関数」と「最小値を求めるMIN関数」をつかって求めることができます。

参考:エクセルで一番大きい値を出すMAX 関数(最大値を求める関数)

参考:エクセルで一番小さい値を出すMIN 関数(最小値を求める関数)

テストの点数を例にあげて計算してみましょう。英語のテストを5回受けたところ、次の点数をとったとします。

80点 70点 85点 83点 82点

このデータをつかって、範囲を計算してみます。

セルに

「=MAX( )-MIN( )」

を入力し、

「=MAX(データ範囲)- MIN(データ範囲)」

データ範囲を指定すると、最大値から最小値を引いた数値が表示されます。

範囲(レンジ)は、15 となりました。

点数を大きさ順に並べると、

70点 80点 82点 83点 85点

最大値は85点、最小値は70点です。範囲(レンジ)は、データの最大値と最小値の差です。

85-70=15

です。範囲は15。

これを上記のエクセル関数

「=MAX(データ範囲)- MIN(データ範囲)」

で計算できたわけです。

スポンサーリンク