エクセルで一番大きい値を出すMAX 関数(最大値を求める関数)

MAX 関数とは、指定したデータ範囲のなかから、一番大きな値(最大値)を表示させる関数です。

MAX 関数で一番大きな値を出す

ここに、リンゴ10個の重量データがあります。

270g、279g、257g、260g、282g、288g、276g、277g、271g、269g

MAX 関数を使えば、いちばん重いリンゴの重量g(最大値)を表示させることができます。

セルに

「=MAX( )」

を入力し、

「=MAX(データ範囲)」

と、データ範囲を指定します。

※数値以外の文字列が入力されていると、無視されて、それ以外の数値のなかで最大値が求められます。

いちばん重いリンゴは、288gであるとわかりました。

上記のように10個くらいのデータであれば、目で見るだけで最大値を特定できますが、大量のデータがあるとそうはいきません。MAX 関数をつかえばすぐに最大値がわかるので、役立ちます。

MAX 関数はつかう場面が多いです。データがどのようなものか把握するときに、平均値、最小値、最大値など求めることが多いですよね。

関数の名前もわかりやすいですから、ぜひ覚えておきましょう。

フォローする