p値と有意水準の違い

仮説検定をするときに出てくるp値と有意水準について、ややこしいと思われる方がいるかと思います。私は、ややこしいな、と私は思ってしまいます。この記事ではp値と有意水準の違いについて書きました。

p値とは

実際に得られたデータから統計量を計算し、正規分布表からその値が発生する確率を計算します。この確率がp値です。

p値は実際のデータで計算した数値です。

有意水準とは

有意水準とは、仮説検定をするときに、仮説を棄却するかどうか判断するための基準です。ですから、自ら設定するものであって、観測データによって変わるものでありません。

有意水準を5%としたら、仮説が正しいのにも関わらず、仮説を否定してしまう確率が5%あることになります。これが、あわてものの誤り(第1種の誤り)ですね。

p値と有意水準は別もの

実際に得られたデータから統計量およびp値を算出し、p値が定めた有意水準よりも大きいか、小さいのかを見て判定を下すのです。

参考:あわて者の誤り・ぼんやり者の誤り

参考:検定とはどういう行為なのか。考え方と検定の流れ

参考:有意水準5%?1%?その決め方