データをひとことで表す

データをひとことで表す

トリム平均の意味と計算の方法

トリム平均とは、最小値付近のデータ、最大値付近のデータを除外して計算する平均値のことです。 トリムとは「刈り込む」、「切り込む」という意味です。トリウム平均は、調整平均とか刈込み平均とも呼ばれます。 データを大きさ順に並べて、...
データをひとことで表す

中央平均の意味とトリム平均との関係

中央平均とは、データを小さい~大きい順に並べて、真ん中の50%分のデータだけをつかって計算した平均値のことです。 小さいほうの25%のデータ、大きいほうの25%のデータは、取り除かれ、使われません。 次のような20個のデータが...
データをひとことで表す

貯蓄額などの裾の長い分布は平均値だけを見ていてはいけない【実感とズレが起こる理由について解説します】

いきなりですけど、日本の世帯の平均貯蓄残高は1820万円らしいです。これを知ってどう思いますか?私は「みんなお金貯めているんだな~」と思ってしまいましたね。 でも、なんだか実感と合わないような気もします。周囲にはこんなに貯めている人...
データをひとことで表す

Σ(シグマ)を使った平均値の計算式

$\sum$をつかった平均値の計算式を表すと、 $$\bar{x}=\frac{1}{n}\sum_{i=1}^n x_i$$ となります。 \(n\) は、データの個数のことです。 左式の\(x\) の上に横棒が...
データをひとことで表す

ミッドレンジの意味と計算(統計学)

分布の代表値としては、主に平均、中央値、最頻値の3つがあります。 参考記事 代表値とは?平均値、中央値、最頻値の特徴を紹介 その他の代表値として「ミッド・レンジ」があります。 ミッド・レンジとは、分布の最小値と最大値の平...
データをひとことで表す

調和平均の意味と計算方法【時速の平均を計算するときに活用します】

調和平均とは、時速などを計算するときに使う平均値です。 時速を計算する 土日の休みに、都会から田舎へ車で遊びに行ったとしましょう。金曜日の夜に出発し夜中の道を走りました。道は空いているので車をかっ飛ばすことができました。 ...
データをひとことで表す

幾何平均(相乗平均)の意味と計算方法~伸び率の平均を求める~

「身長が毎年○○%ずつ伸びている」、「貯金が毎年○○%ずつ伸びている」といった年の平均伸び率を計算するときには、各データを足してデータ数で割るという算術平均は用いません。 変化率の平均を見るには、幾何平均を用います。 具体的に...
データをひとことで表す

加重平均の意味と計算方法

「平均」というと、一般的に、各データの値を足し合わせ、データ数で割って計算する算術平均をイメージしますよね。実際によく使われています。 でも、実は平均のにもいくつかの種類があり、用途によってつかい分けられています。 参考記事 ...
データをひとことで表す

移動平均の意味や目的、求め方、注意点

移動平均とは、変化しているデータがあるときに、ある範囲のデータの和をその個数で割ったものです。 その平均値をつなぎ合わせたものが、移動平均のグラフです。 移動平均は時系列データで活用するもので、その目的や注意点を理解したうえで...
データをひとことで表す

平均値、中央値、最頻値の違いをグラフのどこに位置するかで理解しよう

データ全体を代表する値やデータの分布の中心に位置する値のことを代表値といいます。 代表値には、平均値、中央値、最頻値があります。 「平均値」は各データを全て足し合わせて、データの数で割った数値です。データの重心となる値です。 ...
データをひとことで表す

平均値の種類はひとつだけじゃない。算術平均、加重平均、幾何平均、移動平均の違いと使い分け

平均というと、各データを足し合わせてデータ数で割って計算する平均値が思い浮かんできます。平均身長や平均得点など、平均という数値はいたるところで目にしますよよね。 これらの平均は、正確には算術平均といいます。 私たちがよく見たり...
データをひとことで表す

代表値とは?平均値、中央値、最頻値の違いと使い分けを紹介

データ全体を代表する値、あるいはデータの分布の中心的に位置する値のことを代表値といいます。 代表値には、平均値、中央値、最頻値などがありますが、これらには、どういった違いがあって、どのように使い分けるのがよいのか? この記事で...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました