トリム平均の意味と計算の方法

トリム平均とは、最小値付近のデータ、最大値付近のデータを除外して計算する平均値のことです。

トリムとは「刈り込む」、「切り込む」という意味です。トリウム平均は、調整平均とか刈込み平均とも呼ばれます。

データを大きさ順に並べて、大きい方と小さい方の両端からそれぞれ何%を取り除いたのかを、頭ににつけて、

○○%トリム平均

といった言い方をします。

  • 片側5%・片側5%のデータを除去したのであれば、5%トリム平均
  • 片側10%・片側10%のデータを除去したのであれば、10%トリム平均

です。

  • 0%トリム平均は、ふつうの算術平均

です。取り除く分が0 なのですから、そうなりますよね。

25%トリム平均は、片側25%・片側25%ずつ除外され、全体のデータのうち真ん中の50%分が計算に使われます。これは、中央平均ともいいます。

これをさらに進めていって、残りが1 個または2個のデータだけになった場合が、中央値といえます。

○○%トリム平均といったときに、片側から○○%・もう一方の片側から○○%を除去するのか、それとも両側合わせて○○%の除去なのか?

このWEBサイトでは、10%トリム平均というと、片側10%・片側10%を除去して平均を求めたものとして説明していますが、エクセルでは、10%トリム平均というと、片側から5%ずつ(つまり両側合わせて10%を除去)することを意味しているようです。

エクセルTRIMMEAN 関数で、片側10%・片側10%(両側合わせて20%)を除去して計算するときに指定する除去割合は、0.2 となります。

データを小さいほうから大きいほうへと順番に並べて、端の小さいほうのデータ、大きいほうのデータをいくつか取り除いてから平均を計算します。

11、12、14、15、16、18、18、19、19、25

この10個のデータがあった場合に、ふつうに算術平均をすると、

(11+12+14+15+16+18+18+19+19+25)/ 10

=16.7

となります。

10%トリム平均は、データの両端からそれぞれ10%ずつ取り除きますから、10個のデータのうち小さいデータを1個、大きいデータを1個、取り除きます。

11、12、14、15、16、18、18、19、19、25

そのうえで、算術平均をすると、

(12+14+15+16+18+18+19+19)/ 8

=16.375

となります。

トリム平均のメリット

トリム平均のメリットは、異常値を排除できる点です。データのなかに極端に大きな値があったときには、平均は大きいほうへとずれてしまいます。すると、そのデータ全体をあらわすものとしては、よくないものになってしまいます。

複数の審査員が採点をするタイプの競技では、それぞれの審査員がつけた得点の最高点・最低点を取り除いて、得点を計算する競技があります。異常に大きな値、または小さな値を取り除くという観点で、両端のデータを除去しているのですね。

参考:中央平均の意味とトリム平均との関係

トリム平均をエクセル関数で計算するやり方を紹介しています。

参考:エクセルでトリム平均を計算するTRIMMEAN 関数

フォローする



コメント