エクセルで平方和(2乗の和)を計算するSUMSQ 関数

平方とはある値を2乗することで、和は足し合わせることです。

ですから、平方和は各データを2乗してすべて足し合わせることです。

※ただし、統計学においては、「○○平方和」と呼んで、各データと平均値の差を2乗し足し合わせたものをあらわすことが多いです。変動ともいいます。

偏差平方和、残差平方和などがあります。

参考:平方和とは

この記事では、平方和を計算するエクセル関数を紹介します。

SUMSQ 関数を使った平方和の計算方法

平方和は、エクセルのSUMSQ 関数で求めることができます。

セルに

「=SUMSQ( )」
を入力し、

「=SUMSQ(データ範囲)」

データ範囲を指定すると、平方和が表示されます。

指定した数値、論理値、数値を表す文字列が計算の対象となります。

数値だけが計算の対象となり、空白セル、論理値、文字列、またはエラー値はすべて無視されます。

ここに、卵10個の重量データがあります。

61g、60g、58g、61g、60g、59g、61g、62g、60g、59g

この10個のデータをつかって、平方和を計算してみます。

平方和(2乗の和)は、36133となりました。

統計学では、偏差の平方和をよく計算することがあります。合わせて、偏差平方和を計算するDEVSQ 関数も覚えておきたいですね。

参考:エクセルで偏差平方和を計算するDEVSQ 関数

フォローする