重点指向とは




重点指向とは、もっとも重要な項目に対して働きかけることです。

仕事をするときのことを考えてみると、やらなくてはいけないこと、やったほうがよいことは、たくさんあります。

あまりに忙しいと、やることが無限に湧いてくるような感覚になることもありますよね。

しかし、その中には、やってもほとんど価値がないような些末なことも含まれています。

結果の多くを生み出しているのは、ごく一部のことであることが多いです。

  • 会社の売上の80%は、上位20%の商品から生まれている
  • 会社の売上の80%は、上位20%の営業パーソンがつくっている

このような法則をパレートの法則といいます。

よい結果を出したいのであれば、より意味のあることに力を注がなくてはいけません。

意味のあることは少ししかありません、他の些末なことは気にせず、重要なことに集中するのが、重点指向です。

下記のパレート図について書いた記事で、パレートの法則や重点指向について説明しているので、参考にしてください。

参考:パレート図(QC7つ道具)の作り方と見方・使い方

スポンサーリンク