加速劣化試験とは




加速劣化試験とは、意図的に劣化を早めて製品の検査・検証を行う方法です。

使用や保管時に想定される条件よりも、過酷な条件で使用や保管を行い、製品の寿命、品質の変化などを検査します。

たとえば、食品の期限を設定するための検査で、加速劣化試験が行われます(虐待試験ともいいます)。

食品がどのくらい日持ちするか、どのくらいの期限をつけられるかは、実際に保管をした後に、細菌の検査や味を見る検査を行った結果から判断します。

このときに、あえて、実際に販売する温度より高い温度で保管してから検査するという加速劣化試験をすることがあります。

温度が高いほうが細菌が繁殖しやすく、食品が腐りやすいです。そのため、実際に販売されるときには、加速劣化試験をしたときよりも温度が低く、細菌は増殖しにくくなります。

検査結果で安全であると判断したわけですが、実際はそれよりも細菌が増殖しづらいのだから、より安全が担保できるだろうという考えです。

スポンサーリンク