オッズとオッズ比

事象がどのくらい起こるのかを示すものとして、確率の他にオッズがあります。

その事象が起こらない確率に対する、起こる確率の比であり、通常は比や分数で表されます。

ある事象が起こる確率をpとすれば、

オッズ = p / (1-p)

となります。

たとえば、20%の確率で起こることであれば、

0.2 /(1-0.8)

= 0.2/(1-0.2)

= 0.250

となります。

そしてオッズ比とは、オッズを用いて、ある2つの事象の起こりやすさを比較するものです。

ある事象と、別の事象のオッズの比率となります。

  • 20%の確率で起こること
  • 10%の確率で起こること

があるとしたら、オッズはそれぞれ

  • 0.2/(1-0.2)=0.250
  • 0.1/(1-0.1)=0.111

となります。

オッズ比は、

( 0.2 /(1-0.2))/ ( 0.1 /(1-0.1))

0.250 / 0.111

= 2.25

となります。オッズ比が1であれば、2つの事象の間に差はないと判断できます。

フォローする