統計学でつかうn、m、k、l の記号について

統計学では記号のnは、標本の大きさ(データ個数に)使われます。

データがn個あることを示す

データをxとして、その右下の添え字として使われること多いです。

1+x2+…+x

この式は、n個目までデータを足し合わすことを意味しています。xの右下にある添え字は、1のついたxは1番目のデータ、2のついたxは2番目のデータであることを示しています。x1 やx2 は最初のほうのデータで、x は最後のデータで、つまりnは標本の大きさ(データの個数)となります。

途中の○○番目のデータというときには、一般化してi番目のデータとしてx で表すようにします。jも使われることがあります。

nとmは共に標本の大きさのこと

標本の大きさ(データの個数)には、アルファベットの順でみて、nの近くにあるmが使われることも多いです。

ふたつの標本があったとします。それぞれ標本サイズは異なるので、

  • ひとつめの標本サイズをn
  • ふたつめの標本サイズをm

で表したりします。

行と列の数を示すn、k、l

またクロス表など行列のあるデータを示すときには、n行×k列の表として表されたりします。

「x11 」の右下についている11の数字は、1行目、1列目を示しています。

「x12 」の右下についている12の数字は、1行目、2列目を示しています。

11 12  ‥ 1k
21 22  ‥ 1k
 : : :
n1 n2  ‥ nk

一番右側の列は、最後の列で、k番目の列として示されています。1行目はx1k です。

一番下の行は、最後の行で、n番目の行として示されています。1列目はxn1 です。

表の一番右下は、n行目のk列目で、xnk なります。

この添え字には、k、lなども使われます。それから、行はrow、列はcolumnですから、その頭文字でr、cが使われることも多いです。

oは数字の0(ゼロ)と似ているため、使われません。

フォローする