分数の分数(連分数)の書き方(LATEX ラテックス)

分数の分母が分数、分子が分数になっているものを分数といいます。

Latexで、連分数を書く方法を紹介します。

連分数を書くには、分数のコマンド「\frac{ }{ }」を使います。

「\frac{ }{ }」の「{ }」のなかに、さらに「\frac{ }{ }」を入れます。

まず分数は、次のように入力・出力します。

Latex入力

\frac{a}{b}

出力

$$\frac{a}{b}$$

コマンドなかにある、ひとつめの{ }内が、分子

ふたつめの{ }内が、分母

の数値となります。

連分数は、「\frac{ }{ }」を連ねて使います。

Latex入力

\frac{\frac{a}{b}}{\frac{c}{d}}

出力

$$\frac{\frac{a}{b}}{\frac{c}{d}}$$

Latex入力

\frac{\frac{2}{5}}{\frac{3}{5}}

出力

$$\frac{\frac{2}{3}}{\frac{4}{5}}$$

フォローする