対数(log)の書き方(LATEX ラテックス)




Latexで対数(log)を書く方法を紹介します。

対数(log)の入力方法

対数を書くには、「 \log 」のコマンドを使い、「\log{底}真数」と入力します。

Latex入力

\log_2 x
\log_10 x

出力

$$\log_2 x$$

$$\log_{10} x$$

対数が表示されました。底の数字が2ケタ以上あるときは「{ }」で囲います。

底を省略した対数

対数は、底を省略してあらわす場合があります。

Latex入力

\log x

出力

$$\log x$$

自然対数 ln

ネイピア数$e$ を底とする対数のことを自然対数といい、lnと表記されることも多いです。

Latexで自然対数の記号 ln を入力するには、「 ln 」を入力します。

Latex入力

\ln{x}

出力

$$\ln{x}$$

自然対数の記号 ln が表示されました。

スポンサーリンク