独立変数・説明変数、従属変数・被説明変数・目的変数。回帰分析の変数の言い方

回帰分析とは、原因と結果の関係を法則性として定量的にあらわす方法で、この分析をするときには、複数の変数から、原因となる変数、結果となる変数を選択します。

$$Y=\beta_0+\beta_1 X$$

これらの変数には、いくつかの言い方があるので紹介します。

独立変数、説明変数

独立変数とは、因果関係における原因となる変数のことです。説明変数ともいいます。

$$Y=\beta_0+\beta_1 X$$

の数式で、$X$となる変数です。$\beta_0$と$\beta_1$は、定数です。定数$\beta_1$に$X$をかけた式であり、$X$の値によって$Y$の値が決まるので、$X$は独立した変数ですし、説明変数といえます。

従属変数、被説明変数、目的変数

従属変数とは、結果となる変数のことです。被説明変数、目的変数ともいいます。

$$Y=\beta_0+\beta_1 X$$

の数式で、$Y$となる変数です。$X$の値によって$Y$の値が決まるので、$X$に従うと言う意味で従属した変数ですし、$Y$は説明される側の値ですから、被説明変数というわけです。

フォローする