測定作業のバイアスとは

測定作業によるバイアスとは、測定によってデータを得るときに、測定機器や測定方法に問題があって発生するバイアスです。

たとえば、ある工場で温度計をつかって、液体の温度を毎日測定をしているとしましょう。この温度計が故障していて、本当に正しい温度よりも、1℃だけ高く表示されてしまっているとしたら、常に偏りが発生していることになります。

また、測定機器は問題がなくても、測定機器を正しくつかっている作業者、測定機器を正しくつかえていない作業者がいたら、後者の場合だけ常に測定結果に偏りがでます。

フォローする