エクセルで平均偏差(絶対平均)を求める関数 AVEDEV

データのばらつきを示す指標として、平均偏差(絶対偏差)があります。この記事では、平均偏差をエクセルで計算する方法を紹介します。

平均偏差(絶対偏差)とは

平均偏差(絶対偏差)とは、データの偏差の絶対値をとり、それらを平均した値です。

データのばらつき度合いをあらわす指標のひとつです。

ここに5人の身長データがあります。

168cm、169cm、172cm、175cm、181cm

このデータの平均偏差を求めるには、

  • 各データから平均値を引いて偏差をだす
  • 各データの偏差の絶対値を足し合わせる
  • データ数で割る

といった計算をします。

自分で計算をしなくても、エクセルの関数をつかって、絶対平均を計算することができます。

エクセルでの平均偏差の計算方法

平均偏差は、エクセルのAVEDEV関数で求めることができます。

エクセルで計算するには、セルに

「=AVEDEV( )」

を入力し、

「=AVEDEV(データ範囲)」

データ範囲を指定すると、平均偏差が表示されます。

※「AVEDEV」は、AVERAGE DEVIATION(平均偏差)の略でしょう。AVERAGE=平均、DEVIATION=偏差、です。

計算してみると平均偏差は、4.00になりました。

168cm、169cm、172cm、175cm、181cm

のデータは、平均偏差で示すと、4.00 のばらつきがあることになります。

フォローする