出版バイアスの意味

分析をしたときに、思っていたこととは違う、否定的な結果が得られたときには、公表されにくいバイアスがあります。これを出版バイアスといいます。

でも、公表されないのは非常にもったいないことで、「この実験・調査では、思ったような結果が得られなかった」とわかったことは価値のあることであり、非常に有益なことです。

なぜなら、他の人がその分析をやるやらなくてよくなるからです。もしその情報なければ、他の人が同じ失敗をしてしまうことになりかねませんね。