統計学でいう分布の意味

統計学での「分布」という言葉の意味についてです。

ある事象が大小さまざまな大きさで発生することを「分布をする」といいます。それは、あるデータが様々な値をとるということです。これが分布の意味です。

たとえば、成人女性は身長160cmの人もいれば、150cm、170cmの人もいて、様々な身長の女性がいます。これを「成人女性の身長は分布する」といいます。

喫煙家が1日に吸うタバコの本数、5本の人もいれば、1ダース吸う人もいて、喫煙か1日に吸うタバコの本数は様々です。これを「喫煙家が1日に吸うタバコの本数は分布をする」といいます。

データがどのように発生しているのか、そのもののことを指すのであれば、

  • 「成人女性の身長の分布」
  • 「1日に吸うタバコの本数の分布」

といった言い方をします。

フォローする