平均・標準偏差・分散の記号と読み方

“母集団の平均値”とか“母集団の標準偏差”というと長々しくなるので、省略した呼び方があります。

■母集団

  • 「母集団の平均値」は「母平均」
  • 「母集団の標準偏差」は「母標準偏差」
  • 「母集団の分散」は「母分散」

■標本

  • 「標本の平均値」は「標本平均」
  • 「標本の分散」は「標本分散」
  • 「標本の標準偏差」は「標本標準偏差」

といった呼び方ができます。

また、上記したそれぞれを記号であらわすと次のようになります。( )のなかに読み方を書きました。

最初は、よくわからないかもしれないですが、覚えてしまえば、記号ひとつだけでの表記は、文字で表記するよりもシンプルで見やすくなります。

■母集団

母平均 $μ$(ミュー)

母分散 $\sigma^2$(シグマ二乗)

母標準偏差 $\sigma$(シグマ)

■標本

標本平均 $\bar{x}$(エックスバー)

標本分散 $s^2$

標本標準偏差 $s$

■推定値

母平均の不偏推定値 $\hat{μ}^2$(ミュー ハット)

母分散の不偏推定値 $\hat{\sigma}^2$(シグマ ハット)

母標準偏差の推定値 $\hat{\sigma}$(シグマ ハット)

フォローする