統計学を大学で学ぶとしたら何学部?

統計学関連の講義を受けることができるであろう学科は、

社会科学では、

  • 経済部
  • 経営学部
  • 商学部
  • 心理学部
  • 社会学部

自然科学では

  • 理学部(数学科)
  • 工学部
  • 情報工学部
  • 経営工学部

などです。

純粋な統計学なら理学部数学科となるでしょう。また近年では、データサイエンス学部、あるいはデータサイエンスコースの新設が見られます。滋賀大学は有名どころですね。

滋賀大学データサイエンス学部

データサイエンス関連のコースはいろいろ見られます。新設されたコースが多いです。

京都産業大学情報理工学部データサイエンスコース

山形大学理学部理学科データサイエンスコース

同志社大学文化情報学部データ科学基盤コース

広島大学情報科学部データサイエンスコース

近畿大学産業理工学部情報学科データサイエンスコース

東京理科大学経営学部ビジネスエコノミクス学科

武蔵大学社会学部グローバル・データサイエンス(GDS)コース

経済学部にて計量経済学を学べば統計学を扱いますし、社会学や心理学でも調査のために統計学を用いるので、調査法あるいは統計学の講義は存在するでしょう。

医学部にも、生物統計学なる分野があります。医学や生物学におけるデータ収集や解析に関する分野です。東京大学医学部には、健康総合科学科 疫学・生物統計学教室なるものがあり、横浜国立大学医学部では、臨床統計学の研究がなされています。