ヒストグラムの見方。その形から背景を読む




ヒストグラムの形をみることによって、その母集団や、データを得られた背景のにある情報を把握することができます。

モノづくりにおいて、製品の規格値などの測定データのヒストグラムであれば、その形を見ることで、工程が正常であったか、それともなにか問題があったかな読むことができます。

どんな形に、どんな特徴があるのか説明します。

ヒストグラムがなにかわからない方は、ヒストグラムの用語や作り方を説明したこちらの記事をどうぞ。

参考:ヒストグラムの作り方と用語(階級や度数)の意味

左右対称型

中心、あるいは中心前後の度数がもっとも多く、左右対称に近い形です。正規分布としてとらえることができます。

製品の規格値であれば、通常平均値を山の頂点として、そこから左右にばらつきがみられます。ばらつき度合いが問題なければ、平均値をヒストグラムの中心とした左右対称型が見られるときには、工程は安定していると考えられます。

histgram-katati1

離れ小島型

ヒストグラムの山から一部のデータが離れたところにあります。

離れたデータが1つや2つであれば、 突発的にできてしまった製品であったり、測定に間違いがあった可能性があります。 離れたデータがある程度の山の大きさがあるのは、機械を調整を誤り、その分だけ本来とは異なる分布になった場合などです。

histgram-katati2

ふた山型

山が二つある分布ができるようになるのは、異なる技術レベルの2人の作業者、2台の機械などの、異なる工程、異なる要因がはたらいたデータが存在する場合です。

histgram-katati3

平均値の異なるグループが2つではなく、複数混ざり合うとこのような分布になります。

histgram-katati4

歯抜け型

きれいな山型ではなく、デコボコとしたヒストグラムです。

データ数が少ない場合や、ヒストグラムの区間の幅の決め方が悪い場合(幅が狭い)に、このような歯抜け型になります。

たとえば、もともとさらにデータの数を増やしていけば、自然と歯抜け部分が埋まって、滑らかな曲線が出来上がるはずです。 データ数が多くても、測定器のクセがある場合や測定値の読み方が悪い場合、このような歯抜け型になってしまいます。

histgram-katati5

ゆがんだ型

左右のどちらかに、長く裾が伸びた形です。

正常な工程であってもこのような分布は発生します。たとえば、上にいくほど度数は少なくなるが上限がない貯蓄額のようなもの、頻度の少ない出来事(ポアソン分布等)などです。

histgram-katati6

まとめ

いかがでしたでしょうか。左右対称型、離れ小島型、ふた山型、歯抜け型、ゆがんだ型を紹介しました。

視覚的にわかりやすくなってデータの分布をパッと見で把握できるようになるのが、ヒストグラム。

また、グラフの形から、データが生まれた背景を読み、ものごとを改善することに役立てることができるのが、ヒストグラムです。

スポンサーリンク




コメント

  1. […] ▶ヒストグラム参考 […]