相関分析・回帰分析

相関分析・回帰分析

回帰分析での変数選択の方法

回帰分析とは、原因と結果の関係を法則性として捉える方法で、この分析をするときには、複数の変数から、原因となる変数、結果となる変数を選択します。 結果を「目的変数」または「従属変数」、原因を「説明変数」または「独立変数」と呼びます。 ...
相関分析・回帰分析

偏相関係数の計算方法

偏相関係数とは、見かけ上の相関であるときに、第3の因子の影響を除いた相関係数のことです。 変数\(x\)、変数\(y\)、変数\(z\) の三つの変数があり、変数\(x\) 変数\(y\) の相関には、変数\(z\) の影響があると...
相関分析・回帰分析

相関分析と回帰分析の違い

相関分析と回帰分析の違いについて書きました。 相関分析とは 2つの変数に関係性があるかどうか、どのくらいの関係性があるのかを調べるのが相関分析です。 \(x\) と\(y\) の2つの変数があったときに、\(x\) が増...
相関分析・回帰分析

独立変数・説明変数、従属変数・被説明変数・目的変数。回帰分析の変数の言い方

回帰分析とは、原因と結果の関係を法則性として定量的にあらわす方法で、この分析をするときには、複数の変数から、原因となる変数、結果となる変数を選択します。 $$Y=\beta_0+\beta_1 X$$ これらの変数には、いくつ...
相関分析・回帰分析

相関係数の数式の意味は?なぜその数式になるの?理由を解説します

「相関係数の数式、計算方法は理解した。だけど、なぜそのような数式になるのか、どんな意味があるのかが、わからない」 という方のために、この記事では、相関係数の数式で、なぜ偏差積和と偏差平方和を用いるのかなど、その意味を説明してきます。...
相関分析・回帰分析

データ尺度の違いによる相関関係を数値化する方法の種類

相関分析とは、2個の変量の関係がどれだけあるのかを判断する分析です。 一方の変量が増加すると、もう一方の変量も増加する一方の変量が増加すると、もう一方の変量は減少する一方の変量が減少すると、もう一方の変量も減少する一方の変量が減少す...
相関分析・回帰分析

相関比の意味と計算方法

2つの量的データがあったとき、片方が大きくなれば、もう片方も大きくなる、あるいは小さくなるといったような関係性のことを相関関係といいます。 散布図を描いたり、相関係数を計算することで、数字で2つのデータの関係性をとらえることができま...
相関分析・回帰分析

相関関係があるのにない。ないのにある。

相関関係は非常に便利なもので、2つのデータに関係性があるかどうか、問題の原因を特定し、解決策を考案することができたりします。相関関係を見るときには散布図をつくることになります。ここで、注意をしなければならないことは、 相関関係がない...
相関分析・回帰分析

相関関係と因果関係の違い。第3因子に注意しよう

相関係数と因果関係は、次のような関係です。 相関関係は、一方が増えるともう一方も増える、一方が減るともう一方も減るという関係因果関係は、その名前の通り、ある2つの出来事が原因と結果で直接結びついている関係 ものごとの関係性をデ...
相関分析・回帰分析

相関係数の強い・弱いの目安

量的データどうしの相関関係をみるときには、ピアソンの積率相関係数を用います。単に相関係数というと、この値を指すのがふつうです。 相関係数は、1 ~ -1 の値をとり、値が大きいほど強い正の相関があり、0に近いと相関はなし、値が小さい...
相関分析・回帰分析

相関関係の意味と相関係数の計算方法

二つの変数があったときに、一方が増えると、もう一方も増えるといったように、連動する傾向がある関係のことを、相関関係といいます。 この記事では、“ペーパーテスト”と“仕事の実力”の相関関係を例にして、計算方法を解説します。 ペー...
相関分析・回帰分析

見かけ上の相関(見せかけの相関、または擬似相関)

データの見かけ上は相関関係があっても、実は関係がないものを「見かけ上の相関」といいます。 または「見せかけの相関」、「擬似相関」ともいいます。 統計的な数字だけをみて現実を考えない人は、見かけ上のの相関にだまされて、間違った理...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました