分析のイロハ

分析のイロハ

データ集めの最中は、結果をあまり意識しないほうがよいだろうという話

データのとり方は事前に定めておき、今集めているこのデータを使った分析結果についてを意識せず、実施時は作業に集中することがよいだろう、という話です。 データ分析では、仮説どおりの結果がほしくなるのがふつう データ分析をするときに...
分析のイロハ

分割表(クロス集計表)の意味と作り方

データには、量的データと質的データがああります。 量的データとは、数字で測ることのできるデータです。人の身長や体重のデータ、気温、1日の店舗の売上などは質的データとなります。 質的データとは、数字で測ることができず、足し算、引...
分析のイロハ

統計学でのモデルの意味とは

観測データをつかって、現実世界を数学的な形として表現したものを、モデルといいます。 プラモデルのようなものです。車のプラモデルや街の模型は、細かい部分はわからないかもしれませんが、全体像を把握するには適しています。街を歩いて全体像を...
分析のイロハ

嘘にはならないはず…印象操作できるグラフの作り方

グラフをつくるときには、どのようなグラフサイズにするか、目盛りはいくつからいくつにするか、 どのからどこまでのデータをのせるかなど、グラフ作成者がすべてを決定します。 そうやってあれこれとどんなグラフをつくろうかと考えるのは、主張の...
分析のイロハ

データを集める前に分析をする目的をはっきりさせることが大事

言うまでもなく、データ分析をするときには、データを集めることになります。かんたんにデータをとることがで場合もあれば、ひとの身体をつかった作業によって1個ずつデータをとっていくこともあります。 とくに後者のときにそうなのですが、何の目...
分析のイロハ

分析前にデータのクリーニングをして、欠損・異常・重複を発見しよう

データ分析のためにデータを取集したあとには、統計分析専用のソフトやオフィスソフトのエクセルなどにデータを入力することになります。 現代では、紙に数字を書き、電卓で計算をしてなどと行うことはしませんよね。コンピュータを活用して、統計分...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました