エクセル

エクセル

エクセルで変動係数を求める

変動係数とは、標準偏差を平均値で割った値のことです。 変動係数は、異なる平均値を持つ集団を比較することができるなど、役に立つ指標です。 変動係数の求め方 変動係数とは、標準偏差を平均値で割った値です。 変動係数CV...
エクセル

エクセルで平方和(2乗の和)を計算するSUMSQ 関数

平方とはある値を2乗することで、和は足し合わせることです。 ですから、平方和は各データを2乗してすべて足し合わせることです。 ※ただし、統計学においては、「○○平方和」と呼んで、各データと平均値の差を2乗し足し合わせたものをあ...
エクセル

エクセルで範囲(レンジ)を求める方法

エクセルで、データの範囲(レンジ)を求める方法を紹介します。 範囲(レンジ)とは 範囲とは、その言葉通り、データの範囲を示し、データの最も大きな値である最大値と、最も小さい値である最小値の差のことです。範囲はレンジともいいます...
エクセル

エクセルで最頻値を求めるMODE 関数

エクセルで最頻値を求めるMODE 関数を紹介します。 最頻値とは データ全体を代表する値を代表値といい、代表値となりうるもののなかの一つに、最頻値があります。 参考記事 代表値とは?平均値、中央値、最頻値の違いと使い分け...
エクセル

正規分布に従うデータを、エクセルでランダムに作り出す方法

正規分布に従うデータを、ランダムに作り出すには、エクセルのNORM.INV 関数と、RAND 関数を使用します。 エクセルのNORM.INV 関数と、RAND 関数 エクセルのNORM.INV 関数は、入力した平均と標準偏差の...
エクセル

エクセルで調和平均を計算するHARMEAN 関数の使い方

HARMEAN 関数は、調和平均を計算することができる関数です。 調和平均を英語でいうと「HARMONIC MEAN」です。これを略してHARMEAN となったのでしょう。 調和平均とは 調和平均とは、時速などを計算する...
エクセル

エクセルで加重平均を計算するSUMPRODUCT 関数

加重平均は、エクセルのSUMPRODUCT 関数を活用して計算することができます。 SUMPRODUCT 関数は、対応する配列のデータを掛け合わせて、それらを足し合わせる関数です。 加重平均とは 加重平均とは、各データの...
エクセル

エクセルで2乗、3乗、4乗…を求めるPOWER 関数とキャレット「^」

数値の2乗、3乗、4乗…は、エクセルで計算することができます。 エクセルのPOWER 関数で計算する方法 「^」の記号(キャレット)を使う方法 があります。 POWER 関数を使う方法 aのn乗を求めるとした...
エクセル

エクセルで平方根(ルート)を求めるSQRT 関数

エクセルのSQRT 関数で、数値の正の平方根を計算することができます。 SQRT 関数を入力したセルに数値を入力する方法SQRT 関数を入力したセルとは、別のセルに数値を入力し、そのセルを指定する方法 の2つの方法があります。...
エクセル

分散を計算するエクセル関数VAR.SとVAR.Pの違い

エクセルで分散を計算する関数として、VAR.S とVAR.P の2つがあります。 両方とも分散を計算する関数なのですが、お尻についた「S」と「P」によって計算結果が変わってきます。 その違いについて説明していきます。 V...
エクセル

エクセルで分散を計算するVAR.S/VAR.P 関数

VAR 関数は、分散を計算を計算することができる関数です。 分散を英語でいうと、「VARIANCE」で頭文字をとったものでしょう。 分散とは 分散についての説明をします。すでに理解されている方は読みとばしてください。 ...
エクセル

エクセルFREQUENCY 関数による度数の計算方法と度数分布表とヒストグラムの作り方

FREQUENCY 関数とは、区間に含まれる値のデータ個数を計算する関数です。度数分布表、ヒストグラムをつくることができます。 度数分布表とは 度数分布表とは、データを階級をつくって区切り、そのなかに入るデータ数(度数)を記載...
エクセル

エクセルでトリム平均を計算するTRIMMEAN 関数

トリム平均を計算できるエクセル関数を紹介します。 トリム平均とは 最小値付近のデータ、最大値付近のデータを除外して計算する平均値のことです。 平均値は、すべてのデータを足し合わせて、データ数で割ったものですから、極端に小...
エクセル

CORREL 関数とPEARSON 関数の違い

一方が大きくなると、もう一方も大きくなるなど、関連した動きをする2つの変数の関係を、相関関係といい、相関関係がどのくらい強いのかを数字で示したものが、相関係数です。 相関係数を計算すエクセル関数には、CORREL 関数とPEARSO...
エクセル

標準正規分布で平均値からの累積確率を計算するGAUSS 関数

GAUSS 関数とは、標準正規分布で、平均からz値までの間の累積確率を計算する関数です。 別の言い方をすると、母集団からランダムに取りだしたあるデータが、平均値から標準偏差z倍の範囲に入る確率を計算する関数です。 z値とは ...
エクセル

エクセルで何番目かに小さい値を出すSMALL 関数

SMALL 関数とは、指定したデータ範囲のなかで、指定した○○番目に大きな値を表示させる関数です。 SMALL 関数で、指定したk番目に小さな値を出す ここに、リンゴ10個の重量データがあります。 270g、279g、2...
エクセル

エクセルで何番目かに大きい値を出すLARGE 関数

LARGE 関数とは、指定したデータ範囲のなかで、指定した○○番目に大きな値を表示させる関数です。 LARGE 関数で、指定したk番目に大きな値を出す ここに、リンゴ10個の重量データがあります。 270g、279g、2...
エクセル

最小値を求めるMIN 関数とMINA 関数の違い

MINA 関数は、データのなかで最も小さい値(最小値)を求める関数です。 最少値を求める関数には、MIN 関数、MINA関数があります。これらの違いについて紹介します。 MIN 関数とMINA 関数の違い MIN関数とM...
エクセル

エクセルで一番小さい値を出すMIN 関数(最小値を求める関数)

MIN 関数とは、指定したデータ範囲のなかから、一番小さな値(最小値)を表示させる関数です。 MIN 関数で一番小さな値を出す ここに、リンゴ10個の重量データがあります。 270g、279g、257g、260g、282...
エクセル

最大値を求めるMAX 関数とMAXA 関数の違い

MAXA 関数は、データのなかで最も小さい値(最小値)を求める関数です。 最少値を求める関数には、MAX 関数、MAXA関数があります。これらの違いについて紹介します。 MAX 関数とMAXA 関数の違い MAX 関数、...
エクセル

エクセルで一番大きい値を出すMAX 関数(最大値を求める関数)

MAX関数とは、指定したデータ範囲のなかから、一番大きな値(最大値)を表示させる関数です。 MAX 関数で一番大きな値を出す ここに、リンゴ10個の重量データがあります。 270g、279g、257g、260g、282g...
エクセル

エクセルで偏差平方和を計算するDEVSQ 関数

DEVSQ 関数とは、偏差平方和を計算する関数です。 偏差平方和とは あるデータの値から平均値を引いた値が、偏差で、 偏差平方和とは、各データの偏差を2乗し、足し合わせたものです。 「偏差」→ データと平均の差「平...
エクセル

エクセルで共分散を計算するCOVARIANCE.S 関数

COVARIANCE 関数は、2 組の対応するデータ間の共分散を計算することができる関数です。 「CO」が「共に」の意味、「VARIANCE」は「分散」の意味で、合わせてCOVARIANCE「共分散」です。 共分散とは ...
エクセル

共分散を計算する関数COVARIANCE.PとCOVARIANCE.Sの違い

エクセルで共分散を計算する関数として、COVARIANCE.P とCOVARIANCE.S の2つがあります。両方とも共分散を計算する関数なのですが、お尻についた「P」と「S」の違いはなんなんでしょうか? COVARIENCE.P ...
エクセル

COUNT関数で文字列を数えるなら → COUNTA関数

エクセルに入力されたデータ個数を数えるには、COUNT関数をつかいますが、数えられるのは、数値や日付といったものだけです。 エクセルのセルに入力されているものが文字。文字を数えたい。 その場合は、COUNTA関数をつかいます。...
エクセル

二項分布で、ある範囲の確率を計算するBINOM.DIST.RANGE 関数

BINOM.DIST.RANGE 関数は、二項分布で、成功数が、ある成功数と他の成功数の間の数値になる確率を計算します。 この関数を使用するときには、試行回数、成功率、基準値を入力します。 これらの言葉の意味は次のとおりです。...
エクセル

エクセル関数BINOM.INVの使い方

BINOM.INV 関数は、二項分布の累積成功確率が基準の値以上になる成功数のなかで、最小値を求めます。 (二項分布の累積した成功率が、ある基準の値以上になるときの、最小の成功数を計算します。) この記事では、コイン投げを10...
エクセル

空白のセルを数える関数 COUNTBLANK

エクセルに入力されたデータ個数を数える関数に、COUNT関数がありますが、これは、数値や日付といったものを数えるもので、空白は数えません。 空白を数えたいときには、COUNTBLANK関数をつかいます。 そのままの名前で、ブラ...
エクセル

複数の条件付きでデータ個数を数える COUNTIFS関数

指定した範囲のなかで、複数の条件を付けてデータ個数を数えることができるのが、COUNTIFS関数です。 COUNTIF関数で付けられる条件は1つだけでしたが、COUNTIFS関数では、複数の条件を付けることができます。 ※CO...
エクセル

条件付きでデータ個数を数える COUNTIF関数

エクセルで、指定した範囲のなかで、条件を付けてデータ個数を数えることができるのが、COUNTIF関数です。 指定した範囲にある数値の個数を数えることができるCOUNT関数にIFをつけたものです。 たとえば、身長のデータがあった...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました