絶対値の書き方とバーを高くする方法(LATEX ラテックス)

Latexで、絶対値を書く方法を紹介します。

絶対値を書くには、数式を「 | 」(パイプ)で囲います。「 | 数式 | 」のように入力します。

Latex入力

|a|

出力

$$|a|$$

分数に絶対値記号をつける場合などで、絶対値記号を高くするには、「\left| 数式 \right|」と入力します。

数式の高さに「 | 」(パイプ)の高さが合うようになります。

まず、「 | 数式 | 」とだけ入力してみると、

Latex入力

|\frac{3}{5}|

出力

$$|\frac{3}{5}|$$

と表示されます。

絶対値記号を高くするには、「\left| 数式 \right|」と入力します。

Latex入力

\left|\frac{3}{5}\right|

出力

$$\left|\frac{3}{5}\right|$$

フォローする