測定方法の種類 直接測定と間接測定




測定とは、測定器をつかって、測定物の大きさの値を求めることです。

測定の方法には、

  • 直接測定
  • 間接測定

があります。

直接測定は、スケールやノギスなどをつかって、測定物の長さなどを直接読み取る方法です。

間接測定とは、測定物とブロックゲージなどとの寸法差を測定し、その測定物の寸法を知る方法です。あらかじめ許容される上限~下限のゲージ(限界ゲージ)を作成しておき、その範囲にあるかどうか判定する方法も間接測定といえます。

スポンサーリンク