エクセルで何番目かに小さい値を出すSMALL 関数

SMALL 関数とは、指定したデータ範囲のなかで、指定した○○番目に大きな値を表示させる関数です。

SMALL 関数で、指定したk番目に小さな値を出す

ここに、リンゴ10個の重量データがあります。

270g、279g、257g、260g、282g、288g、276g、277g、271g、269g

SMALL 関数を使えば、いちばん小さな重量のデータ、あるいは2番目に小さなデータ、3番目に小さなデータはいくつか?といった問いに答えることができます。

ここでは、何番目なのか?を「k」であらわします。

セルに

「=SMALL( )」

を入力し、

「=SMALL(配列,k)」

と指定します。

  • kが配列にあるデータ数より大きな値の場合は、エラー値「#NUM」が表示されます。

データのなかで、3番目に小さなデータを見てみます。

3番目に小さな値は、269gであるとわかりました。

フォローする