条件付きでデータ個数を数える COUNTIF関数

エクセルで、指定した範囲のなかで、条件を付けてデータ個数を数えることができるのが、COUNTIF関数です。

指定した範囲にある数値の個数を数えることができるCOUNT関数にIFをつけたものです。

たとえば、身長のデータがあったら、180cm以上の高身長の人数だけを数えたり、ちょうど175cmの人数だけを数えることができるのです。

または、性別のデータがあったら、男性の人数だけを数えるといったことができます。

ここに、とある男子高校生10人の身長データがあります。

168cm、169cm、172cm、172cm、174cm、175cm、177cm、180cm、183cm、187cm

COUNTIF関数で、180cmを越えるデータ数を数えてみましょう。

セルに

「=COUNTIF( )」

を入力し、

「=COUNTIF(データ範囲, 検索条件)」

データ範囲、検索条件を指定すると、検索条件に合ったデータだけが数えられ、表示されます。

180cm以上の高身長の人は、2人いるとわかりました。

このデータは合計で10個だけですから、自分の目で見て数えることもできますが、大量のデータとなるとそうもいきません。

その場合、COUNTIF関数がとても役に立ちます。

フォローする