エクセルで条件を指定して平均を求める関数 AVERAGEIF

AVERAGEIF関数とは、指定した範囲のなかから、検索条件に合ったセルと同じ行(または列)にあるセルの数値の平均値を計算する関数です。

「AVERAGE」は平均の意味、

「IF」は、もし~ならば、の条件の意味で、

合わせて、AVERAGEIF、です。

AVERAGEIF 関数で、条件を指定した平均の計算方法

ここに、とある男子高校生10人の身長データがあります。

168cm、169cm、172cm、172cm、174cm、175cm、177cm、180cm、183cm、187cm

ここには、高校1年生もいれば、2年生いるし、3年生もまざっています。

AVERAGEIF関数を使えば、高校1年生だけの身長の平均値を計算したり、あるいは高校1年生以外の身長の平均値を計算したりすることができます。

高校1年生だけの…という部分が条件です。

平均対象範囲を指定する場合

エクセルで計算するには、セルに

「=AVERAGEIF( )」

を入力し、

「=AVERAGEIF(範囲, 検索条件, 平均対象範囲)」

と指定します。

  • 検索をして条件をしぼる範囲を指定します。
  • その範囲の中から特定のセルを検索するための条件を指定します。
  • 平均値を求めたい数値が入力されたセルを指定します。

すると、条件を指定したうえでの平均値を計算することができます。

高校1年生だけの平均値を計算してみましょう。

「=AVERAGEIF(範囲, 検索条件, 平均対象範囲)」

「=AVERAGEIF(学年の列, “1年生”, 身長データの列)」を入力します。

検索条件が文字列のときには、「“1年生”」のように、“ ”で文字列を囲みます。

高校1年生だけの身長データの平均値が計算できました。

※高校1年生以外と指定したいときには、検索条件に「“<>高校1年生”」と入力すれば、計算できます。

平均対象範囲を指定しない場合

ちなみに、

「=AVERAGEIF(範囲, 検索条件, 平均対象範囲)」

のなかで、”平均対象範囲”を指定しないと、範囲で指定したセルの部分が計算の対象となります。

たとえば、10人の身長データのなかで、180cm以上の人だけの平均値を計算したいとしましょう。

「=AVERAGEIF(身長データの列, “>170”)」を入力します。

180cmを越える身長データは、183cm、187cmで、平均値は185cmとなりました。

これは、列方向にの並んだデータでなくて、行の方向に並んだデータでも同じように使用することができます。

ただし、「=AVERAGEIF(範囲, 検索条件, 平均対象範囲)」の“範囲”と “平均対象範囲”は、両方とも行方向にするか、両方とも列方向にするか、向きを合わせます。

また、同じデータ数にします。

フォローする