統計学に出てくる記号「d」の意味

統計学の数式に、「d」の記号が出てくることがあります。

この意味は、差分です。どれだけ増えたか、または減ったのかを示します。英語の difference の頭文字をとって、「d」です。

たとえば、母集団の平均の差の検定で見かけます。対応のあるデータを検定するときには、各データの差をつかって検定します。

このdは、文字の上にバーがついているので、各データの差の平均を示しています。σ2 の右下にもついてσ2となっていますが、これは各データの差の標準偏差だということです。こんなふうに使われたりします。

フォローする