ビックリマークの階乗「!」の意味と計算方法(エクセル関数FACTを使う)

シェアする

数学で使う「!」の記号は階乗といい、その数字以下の自然数すべてをかけたものです。ただし、0!=1 だけは例外です。

0!=1
1!=1
2!=2×1
3!=3×2×1
4!=4×3×2×1
5!=5×4×3×2×1
10!=10×9×8×7×6×5×4×3×2×1

ふつうに掛け算で書いたら長くなってしまう式を、短く表すことができます。

!の記号の読み方

階乗(かいじょう)と読みます。英語ではfactorial(ファクトリアル)です。

実務の上の計算方法

手計算でやっていくわけにはいきませんよね。身近なところでは次の2つの方法があるでしょう。

関数電卓をつかう

「4」のキーの左上に小さく「n!」がついています。他のあるキーを押してからここのキーを押すと「n!」の計算がラクラクできるようになっています。ちなみに順列「P」、組み合わせ「C」などのキーもあり、これも同様ボタンひとつで計算できます。

エクセルの関数 FACT をつかう

エクセルの関数「FACT」で計算できます。英語のfactorialからきている文字でしょう。

=FACT(5)

とセルに入力すれば、

120

と表示されます。

5!=5×4×3×2×1
=120

です。

あるいは、

他のセルに数字を入れて、「FACT( )」内にそのセルを入れるでもOKです。この画像では、“A5”のセルに5 を入れ、「=FACT( )」の関数で指定しました。

結果は、120が表示されます。