余事象をつかってものごとの考え方を広げる。どちらの占い師を信じるか

シェアする

余事象とは、「その事象が起きない確率」であり、A という事象があったら、A 以外のできごとのことです。余事象を使うと手間がかからず確率の計算をすることができます。

余事象を使うと手間をかけずに確率を計算できる

現実の世界でものごとを考えるときにも、余事象を活用できることがありそうです。

今、あなたは人生に悩んでいて、占いの力を借りて現状を変えていきたいと感がているとしましょう。

  • 占い的中率60%の老人占い師
  • 占い的中率30%の青年占い師

がいたとします。老人のほうが経験があるぶん的中率が高いのです。占ってもらうのに、どちらの占い師に頼んだほうがいいでしょうか。

ふつうに考えれば、「占い的中率60%の老人の占い師」に占ってもらおう、となりますよね。でも、ここで余事象の考え方をつかえば、もっとかしこい選択ができます。

反対の余事象の立場から見てみましょう。

  • 老人占い師の占いが外れる確率は、40%
  • 青年占い師の占いが外れる確率は。70%

です。

的中率30%の占い師の占いが当たらない確率は、つまり余事象が起こる確率は70%です。 であれば、この的中率30%の占い師に占ってもらって、その答えの逆の行動をとれば、70%の確率で正しい行動に当たるというわけです。

また、この2人の占い師に占ってもらって同じ結論を出したとしても、両方の占いの答えではないほうを選んだほうが、当たる確率が高い場合がありますね。結婚をするべきか、まだ結婚をせずにいるべきか、占い師に占ってもらうとしましょう。

老人占い師も青年占い師も「まだ結婚しないほうがよい」と言ったとします。このときに、結婚しないでおくのが正解である確率は、

  • 60%(老人占い師)
  • 30%(青年占い師)

です。結婚しないでおくことが間違っていて、余事象の結婚するほうが正解の確率は、

  • 40%(老人占い師)
  • 70%(青年占い師)

です。結婚をするべきだなと考えられますね。なぞなぞのような話ではありましたが、このように余事象をつかうことによって、ものごとの考え方が広がるはずです。