データをとる目的をはっきりさせる

シェアする

データ分析をするときには、言うまでもなくデータを集めることになります。このときに何の目的もなくデータをとることは、基本的にNGです。何かわかるかもしれないからデータをとってみようなどということは避けなくてはいけません。

簡単に取得できたり、自動で取得できるデータであればいいのですが、データをとる作業は時間、労力がかかる大変なことが多いです。

・分析の結果を○○意思決定に使うために、データをとる
・○○の問題の原因を探るために、データをとる

など、こういった目的がなければ、上手く活用できなかったり、データをとった意味がなくなってしまうことがあります。

しかし実際は、何を目的としてデータをとるのか、データから何を得たいのかがはっきりせずにデータをとることが少なくないのです。そうすると、結局まともにデータが活用されず、データを集める時間だけがかかった、意味がなかった・・・となるのがオチです。

メーカーでの仕事での話ですが、ある製品の重量とサイズを手で計測しデータ集めるように依頼されたことがありました。

時間をかけて取得したデータをさらにエクセルに時間をかけて入力しました。依頼者に結果を報告しましたが、とくにデータは活用されず、話もうやむやになったことがありました。もともと集めたデータをどうしたいのか決めていなかったので、そうなってしまったのです。

とりあえずはデータを集めてみて、それから何ができるか考えようという流れは間違っています。目的を先に考えるには仮説が必要です。

もしかしたらこういった主張できるのではないか
それを根拠をもって集めるには、こういうデータが必要だ
だからデータを集めよう

この問題の原因はここだと思う
はっきり言うためにはデータ、数字が必要だ
だからデータを集めよう

といった流れが正しいです。

データをどのように活用するのか、データを集める前にはっきりと決めておくべきです。もちろんデータをとって分析をしている最中に、当初の予定どおりでなくなることはあるでしょうが、そうなったら変更をすればよいのです。