理論的確率と統計的確率

シェアする

確率は2つに分けると、理論的確率と統計的確率に分けることができます。この違いについて書いていきます。

理論的確率

理論的確率とは、その名前の通り頭で考えて理論的に打ち出した確率のことです。数学的確率、古典的確率ともいいます。サイコロ投げでは、1、2、3、4、5、6の目が出る確率は、それぞれ6分1です。これは実際にサイコロを投げてみる前に理論としてこの確率を計算することができます。ランプであるカードを引く確率やカジノのゲームで勝つ確率などは、理論で導き出すことができるので、理論的確率となります。

統計的確率

統計的確率とは、実際に試行を繰り返して測られる確率のことです。経験的確率ともいいます。同一条件のもとで、試行回数を増やしていくと、ある事象が起こる確率は一定の値に近づいていきます。

サイコロ投げを繰り返すとき、最初の数回~何十回では、たとえば1の目と2の目だけが多く出たなど、結果に偏りが見られますが、試行をもっと繰り返していくことによって、1、2、3、4、5、6の目が出る確率は6分の1に近づいていきます。経験的に得られた確率であるから、経験的確率ともいわれるわけです。

野球でよく見られる確率に打率も統計的確率です。実際に打席にたった数、実際にヒットを打った数から打率が計算されますから、実際の結果から出した確率です。